アミノ酸系のノンシリコンシャンプーが今人気?

アミノ酸系のノンシリコンシャンプーが育毛用でも多くなってきていますよね。

 

元々男性は髪が短い傾向にあるので、髪のコーティングのシリコンなどは女性比べると必要性が少ない傾向があるかもしれません。

 

女性用で人気なのは、やはりカラーやパーマなどしていることが男性よりも多いので、洗浄力が強いと髪のカラーやパーマが落ちてきてしまうので、女性用でも豊富だし人気なんだと思います。

 

アミノ酸系洗浄成分が育毛シャンプーで多く使われてきてから、ノンシリコンが多くなってきています。これは洗浄成分の洗浄力が落ちてきているからともいえるかもしれません。

 

洗浄成分の力を落とすことで、シャンプーの洗浄力によって髪の内部の成分がなくならないようになっているからとも言えるでしょう。

 

特に女性は、洗浄力が強いと髪のハリ・コシが失われやすい

 

洗浄力が強いと日々使用するものですから、髪の内部がシャンプーでスカスカになることでハリ・コシが失われやすくなりますが、そこでシリコンが配合されています。

 

育毛剤でも男性用のは抜け毛の量が気になるので、抜け毛を抑えるような育毛剤は多いですが、女性の場合には髪のハリ・コシなどアップさせる育毛剤が多いです。

 

ですのでシャンプーと育毛剤の両方を使用している場合にはシャンプーもノンシリコンのにするとより効果が出やすいでしょう。

 

しかしアミノ酸系では、髪の内部の成分を落とすことが少ないので、シリコンを配合する理由がなくなってしまっているということで落ち着いています。

 

他のコーティング剤などが配合されているのは静電気防止や、髪を洗っている際のきしみ緩和目的で使用されています。

 

女性の場合には女性ホルモンと頭皮の状態や髪の状態を決定している面があるので、女性の場合には髪のハリ・コシがシャンプーによって変わりやすいのが特徴です。

 

ですので、ノンシリコンかアミノ酸かというような究極の選択ではなく、洗浄力が落ちるとコーティング剤の配合量を自然と落とすこともできてその分、育毛成分などを配合するスペースが出来るというのがあるかもしれません。

 

また育毛剤と併用してレーザー育毛機を使用している方ではシャンプーでしっかり汚れが落ちているかどうかというのは効果の出方も違うので、しっかりノンシリコンシャンプーを使用するとよいでしょう。

 

洗浄力が強すぎない頭皮の乾燥に良いアミノ酸系ノンシリコンシャンプーを使用しよう

やはり使用しやすい面と髪のハリやコシという面で見てもアミノ酸系のノンシリコンシャンプーが育毛に適しています。

 

今後も育毛シャンプーではアミノ酸系の洗浄成分を使用しているシャンプーが増えてくると思います。

 

また育毛剤の浸透にも関係しているので、女性育毛剤では保湿成分など頭皮ケアが大切なので、乾燥しすぎないような洗浄力のノンシリコンシャンプーを使用していくとよいでしょう。

 

保湿効果が高い育毛剤なら効果があるマイナチュレ(mynature)でケアするおすすめ最新版を見て判断してみると良いかもしれません。

頭皮環境を整えるアミノ酸系ノンシリコンシャンプーの効果は?

髪の滑りを良くして指どおりを滑らかにしてくれるシリコン剤は、いくら気を付けていても髪だけでなく頭皮にも付着してしまいます。

 

頭皮に付着したシリコン剤は頭皮のバリアのようになり、頭皮ケアしようと思ってもなかなか改善しないのです。

 

頭皮の状態が悪いと、いくら頭皮トラブルである乾燥によるフケなどが出やすくなります。

 

頭皮環境を整えてくれるアミノ酸系ノンシリコンシャンプーで、毎日の頭皮環境の改善に良い効果を引き出しましょう。

 

値段は少々高いですが、アミノ酸系ノンシリコンシャンプーにはそれだけの価値があるのです。

 

ヘアケアのメーカーでも頭皮環境を改善できるスカルプシャンプーも販売しているところもあります。ライン使いしてみるというのもひとつの方法ですから、試してみてはいかがでしょうか。

頭皮が硬くなっている場合に良いアミノ酸系ノンシリコンシャンプー

抜け毛が多くなったりすると頭皮が固くなっている場合が多くなりやすいと言われていますが、代謝が低下して血行が悪くなると頭皮が固くなりやすいということはあるでしょう。

 

なので頭皮が固く抜け毛が多い場合には、頭皮の硬さを解消していくというのが大事になってくるでしょう。

 

アミノ酸系ノンシリコンシャンプーを使用しながらマッサージをしていくというのは頭皮のこわばりや血行促進をしていくためにも大切なことです。

 

洗浄力が強いと皮脂を取りすぎてしまうので、頭皮も硬くなりやすいです。

 

適度な洗浄力のあるアミノ酸系ノンシリコンシャンプーで頭皮をいたわるケアをしていくことで、頭皮の硬さも解消しやすくなります。

 

毛細血管なので、体の全体的な血行をよくしていくというのは大事なのですが、頭皮だけではなく、運動を組み合わせて行っていくというのが大切になってくるかもしれません。

 

成長期で髪が成長しないと髪が細くなりやすい

ヘアサイクルは、成長期や休止期など髪のサイクルがありますが、抜け毛が多くなると毛母細胞自体が働きを休止してしまうということもあり、まずは成長期で髪が成長しにくくなりやすいそうです。

 

そのため髪が赤茶のようになったり、髪自体にボリューム・コシがなくなったりしていきます。

 

そして休止期でも短い期間で髪が抜け落ちてしまうということにつながってくるそうです。

 

毛母細胞は細胞なので細胞分裂したりして新しい状態を維持していきますが、ジヒドロテストステロンなどで活動が休止してしまいやすい場合には細胞分裂とかもしにくくなってしまうのかもしれません。

 

抜け毛が多い時でもまずは、シャンプーから変えていこう

薄毛や抜け毛の量が多いときは、やはり普段使用するシャンプーをまずは変えていくというのが頭皮の状態をまずよくするためには大切になってくるでしょう。

 

 

デリケートになりやすい頭皮にはノンシリコンのアミノ酸系洗浄成分を使用した無添加のスカルプシャンプーを使用して正しい洗髪方法でマッサージしながら行っていくとよいでしょう。

 

 

アミノ酸系のノンシリコンシャンプー人気ガイドめにゅ〜

 

 

 

 

ページの先頭へ